こども野菜300gプラン

NEW & EVENT

2016.11.15

2016年11月 産能大学園祭にて「チョコベジ島の大冒険」をコラボ!

11/12-13の週末、産能大湘南キャンパスの文化祭「瑞木祭」にて、

学生の皆さまと「チョコベジ島の大冒険」をコラボ開催いたしました。

 

s-img_0967

 

連日、多くの親子連れの皆さまに楽しんでいただき、

その反応も貴重な体験となりました。

 

詳しくはこちらで → 旬のキッチン with ベジフルのブログ

こども野菜300gプランとは 野菜の魅力を伝えるプロであるシニア野菜ソムリエが、「子ども(幼稚園~小学生)が一日に確実に野菜を300g食べるようになること」を目標に、子どもの生活場所である『家庭』と『園・学校』の両方での野菜摂取向上を目指す計画です。

dushiki

言葉の定義

  • 子ども:幼稚園~小学生までを主対象とします。
  • 野菜:「緑黄色野菜」「その他の野菜」とし、イモ類、きのこ類はカウントから外します。
  • 300gの根拠:厚生労働省は「健康日本21(第二次)」において、野菜摂取量の平均値の目標を350gに掲げていますが、成人の現状値は300gに至っていませんし、7~14歳の子どもでは245g程度です(平成24年国民健康・栄養調査より)。実際には幼児5歳と小学生高学年では目標値にも開きがあるべきですが、子ども全体の目標値として、分かりやすい『300g』とし、朝食、昼食、夕食それぞれで100gの摂取(100g×3回の食事=300g)を目指していきます。

 

Ⅰ 家庭内の食事に対するプラン

レシピ提案

「一品多菜」「一汁多菜」をコンセプトに、一皿、一椀で子どもが野菜100g摂れるようなレシピをご紹介します。 ※野菜たっぷりレシピはこちら

ママ(パパ)向けセミナー

家庭内で手軽に楽しく野菜を食べるコツを旬の野菜について深堀しながらお伝えします。  ※食育カリキュラムの「ママ(パパ)向けセミナー」はこちら

料理教室

旬の地元野菜をテーマにした「手作りパンと野菜スープ」のレッスンを開催しています。

Ⅱ 家庭外(園・学校)の食事(給食) に対するプラン

出前授業の実施

野菜の楽しさ、美味しさを伝え、野菜を食べ残さないように導く「出前授業」を行います。  ※食育カリキュラム「旬の野菜授業」はこちら

ビジョン ~「一人でも多くの子どもに、一口でも多くの野菜を!」

ステージ1

子どもが当たり前のように「一日に野菜を300g食べる」社会にすること。

ステージ2

子どもが「野菜を食べる習慣」をつけていくことで、家庭や学校で接する大人達にも「野菜を食べる習慣」が浸透していくこと。

ギャラリー

  • 食育モデル校募集
  • 野菜嫌い克服塾
    • ブログ
      • フェイスブック
      • ツイッター
      • お問い合わせ